Bobcat-320 シリーズ

Xenics

Xenics Bobcat  

コンパクト・GigE/CL

 
Xenics社のBobcat-320シリーズは、InGaAsセンサーを搭載した近赤外波長域(0.9~1.7μm)に感度を持ったカメラです。インターフェースにGigE/CameraLinkを採用したコンパクトなカメラです。
 
● コンパクト設計
● InGaAsセンサー
● 波長領域 : 0.9~1.7μm
● 320×256 画素
● ペルチェ冷却 1段 (安定化の為)
● 最大フレームレート : 100Hz/400Hz
● GigE/CameraLinkインターフェース
● Pixel operability >99% (画素欠陥率 <1%)
● Gated仕様有り

 

Xenics社Bobcatシリーズ キャンペーン

 
 
< カタログ >
   ※新しいウィンドウが開きます 
   Xenics社 近・中・遠赤外線カメラ カタログ 
 
< アプリケーション例 >
近赤外イメージング、インライン品質管理、廃棄物の分類、食品検査、半導体検査、太陽電池パネル検査、光ファイバーアライメント、光ファイバーデバイスの検査、美術・絵画検査、レーザー分析、高熱体の熱画像観察 など
 
Xenicsアプリケーション

 

 

 Bobcat-320シリーズ 仕様表


 

 センサー仕様 Bobcat-320-GigE Bobcat-320-GigE
-Gated
Bobcat-320-CL Bobcat-320-CL
-Gated
 素子 InGaAs
 波長領域*1 0.9~1.7 μm
 画素数 320×256
 ピクセルピッチ 20 μm
 Pixel operability >99 %
 センサー冷却 安定化TE1*2
 暗電流*1 0.19 x 106 e-/s/pixel at 200 mV bias at 288 K
 ゲイン (フルウェルサイズ) 100 Ke-
 カメラ仕様 Bobcat-320-GigE Bobcat-320-GigE
-Gated
Bobcat-320-CL Bobcat-320-CL
-Gated
 画像パフォーマンス
 最大フレームレート 100 Hz / 400 Hz 400 Hz 100 Hz / 400 Hz 400 Hz
 露光時間 1 μs ~ 40 ms 0.1 μs ~ 40 ms 1 μs ~ 40 ms 0.1 μs ~ 40 ms
 積算方式 スナップショット
 ノイズ*1 120 e- (ROIC Noise 60 e-)
 読出しモード Integrate Then Read (ITR)
 On-board画像処理 オートゲイン&オフセット オートゲイン&オフセット,
自動露光 (400Hz)
 A/Dコンバーター 14 bit (但し、出力は16bit)
 インターフェース
 カメラコントロール GigE Vision CameraLink
 デジタル出力 GigE Vision CameraLink
 トリガー トリガー入力 or 出力 (構成可能)
 電源
 消費電力 約4 W (without TEC) 約2.8 W (without TEC)
 入力電圧 12 V
 機体
 衝撃 40 g, 11 ms, according to MIL-STD810G
 震動 5 g (20 to 2000 Hz), according to MIL-STD810G
 操作ハウジング温度*3 -40℃ ~ +70℃
 保管環境温度 -45℃ ~ +85℃
 レンズマウント Cマウント*4
 寸法 (W×H×L) 55×55×82 mm 55×55×72 mm
 カメラ重量 約334 g (レンズ無し) 約285 g (レンズ無し)

*1 : 代表値
*2 : 安定化の為、約20~25℃への冷却。(外気温:25℃の場合。但し目安)
*3 : [注意] 操作環境温度ではございません。
*4 : レンズは標準で含まれておりません。

 

 

 Xenics社:近赤外線(InGaAs/T2SL)/中赤外線(InSb)/遠赤外線(マイクロボロメータ)カメラ


 → Xenics社(キセニクス)製品 トップページへ

 

製品に関してのお問い合わせ
弊社では、各製品のカタログや資料をご用意しております。
デモ機在庫の有る製品も御座いますので、不明な点や価格的なご質問と共にお問い合わせよりご連絡下さい。
現在お客様の方で考えられているご使用目的、必要スペック、PC環境等を合わせてご連絡頂ければ該当する商品担当者よりご提案させて頂きます。 (お探しの商品が見付からない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。)