TOP > メーカー別製品情報 > VRmagic社 > インテリジェントカメラ > D3 インテリジェントカメラ

D3 インテリジェントカメラ

d3_platform_en

 特徴


● 対応OS:Ubuntu Linux

● ARMコアと周波数:1GHz ARM Cortex-A8

● DSPコアと周波数:700MHz C674x

● ARMとDSPの命令タイプ:浮動小数点(FPU)と固定小数点

● RAM:2GB DDR3/800

● メモリバス幅、帯域幅:2x32ビット、6103MB/s

● フラッシュメモリ:32GB

● GPIO:44まで

d3multi1

 

 概要


D3インテリジェントカメラは、VRmagic社の最新インテリジェントカメラです。D3カメラは、使いやすさ、融通性、性能を念頭において設計、開発されました。Common Vision Blox Embedded、HALCON Embedded、EyeVision、OpenCVなどの広範囲な組み込み型ソフトウエアとライブラリが動作します。さらにMono互換.NETインターフェースによって、VRmagicSDKによるアプリケーション開発がかなり容易になっています。

D3カメラの組み込み型システムは、イーサネット、USB、GPIOなどの多数のインターフェースに対応することにより、最高レベルの融通性をユーザーに提供します。また、Linuxが動作する浮動小数点ユニット(FPU)がある1GHzARM Cortex-A8を備えています。FPUのある700MHzのC674xDSPのより、画像データの高速処理と効率的な転送が確保されています。

 

 Ubuntu LinuxとD3インテリジェントカメラ


ARMプロセッサの強力な処理能力が、Linux OSの動作と画像処理タスクに使用されます。DSPは画像処理タスクに全面的に利用可能です。いずれのプロセッサも浮動小数点ユニット(FPU)を備えています。D3カメラでは、カスタマイズされたLinuxカーネルが動作し、ルートファイルシステムはUbuntu12.04 LTSからのもので、Cortex-A8(ARMv7,Thumb2)とそのFPU(NEON)の命令セットのネイティブに対応しています。NFSサーバーのウェブサーバーなどの追加コンポーネントをLinuxパッケージリポジトリーを使用して容易にインストールすることが可能です。また、Wi-Fiドングル、ハードディスク、キーボードなどのUSBデバイスをカメラと共に使用することが出来ます。

d3_platform_jp

 

 *詳細は下記カタログ・VRmagic社ホームページをご参照ください。☟

 

VRmagic D3インテリジェントカメラ

http://www.vrmagic.com/imaging/camera-platforms/d3-intelligent-platform/

 

製品に関してのお問い合わせ
弊社では、各製品のカタログや資料をご用意しております。
デモ機在庫の有る製品も御座いますので、不明な点や価格的なご質問と共にお問い合わせよりご連絡下さい。
現在お客様の方で考えられているご使用目的、必要スペック、PC環境等を合わせてご連絡頂ければ該当する商品担当者よりご提案させて頂きます。 (お探しの商品が見付からない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。)