iXon Ultra 888

Andor iXon

 

サイエンスEMCCDカメラのパイオニアであるAndor社は、EMCCDカメラ開拓し続けています。
今日の光子測定におけるの傾向は、高感度と高速を、高いレベルで実行する検出技術が要求されています。EMCCD(Electron Multiplying CCD)技術は、このニーズに十分対応可能なレベルに設計されたカメラです。
EMCCDは、微弱なシグナルイベントを増幅させて動作します。この「on-chip」増幅プロセスによって、裏面照射センサーは95%の量子効率(QE)まで提供され、センサーの光子収集能力を犠牲にすることなく実現します。

 

高速・超高感度 EMCCDカメラ
電子増倍ゲイン 1~1000倍
100万画素 (1024×1024)
高速フレームレート 26~(9,690)fps * ( )内は、ROI使用時のfps
リニアゲインコントロール
最大冷却 -80℃(空冷)/-95℃(水冷)
低読出ノイズ <1e-
高階調 16bit
>90% QE
EX2 Technology (スタンダード裏面照射より、紫外線側に拡張されたQE)
Cマウント
USB3.0 インターフェース

 

< アプリケーション >

単一分子検出、高解像度な顕微鏡観察、量子科学、スピニングディスク共焦点、生理学/イオンイメージ&セル運動性、速い天文学、トモグラフィー、ルミネッセンス など

 

< カタログ >

  Andor社 EMCCDカメラ(iXonシリーズ) カタログ

 

 

iXon Ultra 888 仕様表


 

 システム仕様 *1 iXon Ultra 888
 センサーQEオプション #BV : 裏面照射, スタンダードARコーティング
BVF : 裏面照射, スタンダードARコーティング (with fringe suppression)
UVB : 裏面照射, スタンダードARコーティング (with additional lumogen coating)
#EX : 裏面照射, デュアルARコーティング
EXF : 裏面照射, デュアルARコーティング (with fringe suppression)
 フリンジ抑制 EX2、BVセンサーオプションで利用可能
 画素数 1024×1024
 ピクセルサイズ 13×13 μm
 イメージエリア 13.3×13.3 mm (with 100% fill factor)
 フレームレート (フルフレーム) 26 fps (1024×1024)
 フレームレート (最速) 9,690 fps (1024x1 @crop mode)
 冷却温度[空冷] (@環境温度20℃) -80℃ (読出レート10MHz) -60℃ (読出レート30MHz)
 冷却温度[水冷] (クーラント@10℃, >0.75l/min) -95℃ (読出レート10MHz) -75℃ (読出レート30MHz)
 自動調温精度 ± 0.01℃
 トリガー Internal, External, External Start, External Exposure, Software Trigger
 システムウィンドウタイプ #BV, BVF : UVグレードfused silica, ブロードバンド Vis-NIR, 0.5°wedge
UVB, #EX, EXF : UVグレードfused silica, ブロードバンドVacuum UV-NIR, 0.5°wedge
 ブレミッシュ仕様 Grade1以上 (センサーメーカーの仕様定義より)
 デジタル化 16bit (at all speeds)
 PCインターフェース USB 3.0
 レンズマウント Cマウント
 ダイレクトデータアクセス Camera Link 3-tap 出力
 アドバンスド性能仕様 *1 iXon Ultra 888
 暗電流 (e-/pixel/sec) *2 0.00025 (@-80℃)
0.00011 (@-95℃)
 疑似バックグラウンド (@1000xゲイン/-85℃) 0.005 (events/pix)
 Pixel well depth [有効エリア] 80,000 e-
 Pixel well depth [ゲインレジスター] 730,000 e-
 ピクセル読出レート [電子増倍アンプ] 30, 20, 10, 1 MHz
 ピクセル読出レート [通常アンプ] 1, 0.1 MHz
 読出ノイズ (電子増倍 無し) (電子増倍 有り)
   EMCCDアンプ 30 MHz 130 e- <1 e-
   EMCCDアンプ 20 MHz 80 e- <1 e-
   EMCCDアンプ 10 MHz 40 e- <1 e-
   EMCCDアンプ 1 MHz 12 e- <1 e-
   通常アンプ 1 MHz 6 e- <1 e-
   通常アンプ 0.1 MHz 3.5 e- -
 リニア絶対電子増倍ゲイン RealGainを通して1~1000倍 (全ての冷却温度で安定したキャリブレーション)
 リニアリティー >99%
 タイムスタンプ精度 10 ns
 垂直クロックスピード 0.6~4.33 μs (可変)

*1 : 特に明記されていない限り、値は典型的なものとなります。
*2 : 暗電流の測定は、ブレミッシュの任意の領域を除いたセンサーエリア上の中央値を取得しています。

 

 

フレームレート <STANDARD MODE> *3


 

Binning Array Size
1024x1024 512x512 256x256 128x128 1024x100 1024x32 1024x1
1x1 26 50 95 171 220 498 1163
2x2 50 94 170 285 368 699 -
4x4 92 167 281 426 552 870 -

 

 

フレームレート <CROP MODE> (OPTICALLY CENTRED FRAME RATES IN BRACKETS) *3


 

Binning Array Size
512x512 256x256 128x128 64x64 1024x100 1024x32 1024x1
1x1 93 (78) 190 (251) 670 (697) 2053 (1319) 259 778 9690
2x2 170 (143) 350 (426) 1150 (1019) 3123 (1646) 492 1416 -
4x4 291 (245) 601 (653) 1772 (1504) 4109 (1857) 887 2370 -

*3 : All measurements are made at 30 MHz pixel readout speed with 0.6 μs vertical clock speed. It also assumes internal trigger mode of operation. Frame rates shown are for ‘Corner Tethered’ ROIs, with ‘Optically Centred’ROI frame rates shown within brackets.

 

 

各種資料


 


量子効率(QEグラフ)

QE vs Fluorophore Emissions

図面

 

 

 Andor社(アンドール)製品 トップページ


 → Andor社 高感度カメラ(sCMOSカメラ・EMCCDカメラ・ラージフォーマット冷却CCDカメラ)

 

製品に関してのお問い合わせ
弊社では、各製品のカタログや資料をご用意しております。
デモ機在庫の有る製品も御座いますので、不明な点や価格的なご質問と共にお問い合わせよりご連絡下さい。
現在お客様の方で考えられているご使用目的、必要スペック、PC環境等を合わせてご連絡頂ければ該当する商品担当者よりご提案させて頂きます。 (お探しの商品が見付からない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。)