TOP > カテゴリ別製品情報 > 電子顕微鏡周辺機器 > マイクロマニピュレータ MM3A-LS

マイクロマニピュレータ MM3A-LS

kle_ls2

 「マイクロマニピュレータ」(MM3A-LS)は主にライフサイエンス向けマニピュレータです。特に電気生理学でのパッチクランプ用途に多くの実績を持ちます。マニピュレータ本体が非常に小型のため、高い安定性と低ドリフトを可能にし、安定した測定が行えます。
分析用途や研究用途にも使用可能で、混入異物のサンプリングや試料のマーキング、ナノワイヤーのマニピュレーションなど幅広い用途に利用できます。

 マニピュレータ本体は既存の光学顕微鏡ステージにマグネット固定で設置できます。(M4ネジ固定に変更することも可能で、用途に応じた取付けが可能です。)簡単に着脱できるため、装置を占有することはありません。

 広い動作範囲と非常に細かい動作分解能(サブナノ)を併せ持ち、観察倍率に合わせて動作スピード(分解能)を切換えながら操作することで、低倍率~高倍率での使用が可能です。顕微鏡画像をライブ観察しながら、自在にマニピュレータを制御できます。
マニピュレータの機能を拡張するPlug-inツールも豊富で、用途に適したものを追加できます。

 

マイクロマニピュレータ MM3A-EM/カタログダウンロードPDF ※新しくウィンドウが開きます

 ▶ →英文)マイクロマニピュレータ MM3A-LS

製品に関してのお問い合わせ
弊社では、各製品のカタログや資料をご用意しております。
デモ機在庫の有る製品も御座いますので、不明な点や価格的なご質問と共にお問い合わせよりご連絡下さい。
現在お客様の方で考えられているご使用目的、必要スペック、PC環境等を合わせてご連絡頂ければ該当する商品担当者よりご提案させて頂きます。 (お探しの商品が見付からない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。)