PP3006 Cool Lok

 

クライオトランスファーシステム

 Cool LokでSEMやFIB/SEM、ビームライン、その他の真空装置で試料のクライオ観察や迅速な搬送が可能です。アプリケーションとしてはビームに敏感な 試料の熱保護、プラスチック、ポリマー、Low-Kの誘電体や硬軟複合材料などの低温観測ができます。また、このシステムでは常温下で不活性ガス用グロー ブボックスから試料の搬送も可能です。
quorum_pp3006_001

 ●迅速な試料交換

 ●最低温度-190℃、温度安定性0.5℃以内

 ●offカラム冷却タイプで終日運転が可能

 ●独立タイプの冷却ステージと冷却トラップ

 ●真空や不活性ガス封じした状態で試料移動

 ●試料急速冷却オプション

dl_aicon_2 ※新しいウィンドウが開きます

 ▶ PP3006 Cool Lok PDF

 
システム構成 -真空エアーロックと冷却ガスフィードスルー- quorum_pp3006_002

 Cool Lokは排気、ベント、搬送制御がローディングチャンバー本体にあり、それを真空装置の任意のポートに取付けます。真空チャンバーに取り付けるカスタムデザインのインターフェースフランジ、コネクション、排気に必要なフィッティングは付属します。インターフェースにはSEMチャンバー内の冷却ステージや冷却トラップへの冷却窒素ガス接続があります。

 
試料ホルダー、トランスファーデバイス quorum_pp3006_003

 コンパクトな真空搬送用トランスファーデバイスはバヨネットタイプシャフトで試料ホルダー(シャトル)が簡単に脱着できます。標準のシャトル以外にもオプションの試料ホルダーが取付けられます。

 
冷却用デューワー、台車、コントローラ

 冷却ステージや冷却トラップは別置きの真空断熱タイプ熱交換器と長時間運転可能な21Lデュワーによって冷却されます。デューワーとSEMインターフェース間のガラスインは熱効率が最大になるように真空断熱されています。

 冷却デューワーは床置きの台車上にあり、そのコンソールには冷却ステージや冷却トラップ、モニター、ガスフローコントローラーなど収納されています。

quorum_pp3005_005
 
Cool Lokの使用方法

 試料をスタブにセットしホルダー(シャトル)に乗せてトランスファーデバイスに取付け、エアーロックにアタッチし内部を排気します。排気が終了するとゲートバルブを開け、試料をSEM内の冷却ステージに搬送します。他の真空装置やグローブボックスの搬送用にオプションでインターフェースフランジの用意もあります。またトローリーマウント窒素スラッシュ冷却ステーションもオプションでご用意あります。

 quorum_pp3006_004
 
排気装置

 排気装置としてロータリーポンプまたはオイルフリーポンプ、高真空ターボ分子ポンプステーション(推奨)が必要です。

 ・Pfeiffer Duo 6:5m3/hrオイルミストフィルタ付ロータリーポンプ

 ・Pfeiffer HiCube 80:ターボ分子ポンプおよびダイヤフラムポンプ

 
■主な仕様

・窒素ガス冷却タイプ温度センサー付冷却ステージおよび冷却トラップ

・温度制御範囲:-190℃

・21L台車付きデュワー

・真空断熱タイプ熱交換器

・エアーロックアッセンブリー(ポンプ、ベント、搬送制御、ゲートバルブ)

・排気装置接続部品

・SEMチャンバー接続用カスタムデザインフランジ

・LEDチャンバーライト

・真空装置、不活性ガス対応試料搬送用トランスファーデバイス

 

【オプション&アクセサリ】

・PP3006専用窒素スラッシュ冷却ステーション

 トランスファーデバイスアタッチ用液体窒素冷凍チャンバー付台車

・ステージおよびトラップ冷却窒素ガス供給用液体窒素加圧デューワー(60L)

・Sircal インラインガス乾燥器

 外部からのガスを使用している場合:供給窒素ガス乾燥に使用

・PP3010TとPP3006用の試料ホルダーが共通で使用できます

 

製品に関してのお問い合わせ
弊社では、各製品のカタログや資料をご用意しております。
デモ機在庫の有る製品も御座いますので、不明な点や価格的なご質問と共にお問い合わせよりご連絡下さい。
現在お客様の方で考えられているご使用目的、必要スペック、PC環境等を合わせてご連絡頂ければ該当する商品担当者よりご提案させて頂きます。 (お探しの商品が見付からない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。)